分析化学

誤差について(2018年に修正更新)

  1. 有効数字 と 誤差伝播 及びその実践的計算
  2. F検定 と t検定
  3. 精度の異なる測定 信頼限界 Q検定
  4. 第一種と第二種の過誤

酸塩基について(1年前に書いたもの)
 一塩基弱酸の水素イオン濃度
 一塩基弱酸の解離度
 一塩基弱酸とその強塩基塩からなる混合溶液のpH
 1種類の多塩基弱酸の塩を含む水溶液

最近書いたもの
 標準酸化還元電位
 ネルンストの式を用いて任意濃度の電池の起電力を求める
 ネルンストの式を用いて酸化還元平衡定数を求める
 見かけ電位と参照電極
 
その他
 クロマトグラフィーの分類
 ミセル導電クロマトグラフィーの原理
 ブーケ-ランバート-ベールの法則
 ファン・デームテルの式
 テーリングとリーディング
 浮力補正の式
 マスキング効果と共同効果
 インクリメント縮分法
 共役塩効果と共存塩効果
 赤外分光法とラマン分光法の違いと相補性
 昇温(上昇)クロマトグラフィー
 Mohr法(モール法)
   錯形成の酸性度の影響
 質量分析法の種類
 イオン化法の種類
 マクラファティー転位
 α開裂とβ開裂の違い
   電子顕微鏡
   ESR
   沈殿の生成するための操作
 当量点と終点の違いと滴定誤差
 指示薬定数
   置換滴定法
   標準添加法

スポンサーリンク